タグ別アーカイブ: 規制

仮想通貨、大暴落…

仮想通貨を購入して2週間、毎日チャートの動きと資産の増加を見ることだけを楽しみに生きてきたのですが、こんなにも早く仮想通貨の大暴落、バブルの崩壊が訪れるとは思ってもいませんでした。

どうやら仮想通貨に対する世界各国の規制強化が影響にあるようです。
数日前まで200万円だったビットコインも今現在で約100万円…

私の資産も一瞬で半分になってしまいました…。

なんで私が手を出したとたん暴落するんだ…とことん悪運の強さを感じます。

しかしまあ仮想通貨に熱中したおかげでパチンコ・パチスロに対する興味が薄れて、打ちに行きたいという気持ちがなくなったので、安い授業料だったと思うべきでしょうか…m(__)m

今年まだ打ちに行ってません!
その分競馬で大負けしているのですがw

しかしバブル崩壊だ、大暴落だと発言はしましたが、私はまだあきらめておりません。

こうなったら売らずに徹底的にホールドじゃ!!

勝つまで辞めません!

スポンサードリンク



パチンコ税は導入すべき

自他ともに認めるギャンブル依存症で、なかなかパチンコ・パチスロをやめられない私ですが、パチンコ税を導入することに対しては賛成をしています。

パチンコ税とは景品交換(換金)時に、何%かを税金として差し引かれるという税です。

パチンコの市場規模を年間18億円として、その売り上げの7割が景品交換(換金)され、その1%をパチンコ税として計算するとその額は1260億円にもなります。早急にパチンコ税を導入して社会保障の財源に回すべきだと思います。

…しかし国はこのパチンコ税の導入を躊躇しています。

パチンコ税を導入することは、これまで三店方式でグレーになっていたパチンコの換金行為を国が認めてしまうことになるからです。すなわちパチンコ・パチスロを遊技ではなくギャンブルであるということを認めてしまうということになります。

国がパチンコ・パチスロをギャンブルとして認めてくれれば、現在のように「射幸心を煽るな!」ということも国は言えなくります。現在のような広告・出玉の規制もきっと無くなるでしょう。

そしてホールも煩わしい三店方式が無くなれば、間に業者を仲介することによって発生する手数料(コスト)もなくなり、その分を客や従業員に還元できるはずです。

しかし1万か所以上の賭博場がある国なんて世界にはありませんし、パチンコ・パチスロ屋の市場規模を縮小したいというのが国の本音でしょうから、パチンコ税はなかなか可決しないでしょう…。

個人にとっては大金ですが、国の予算(73兆円)を考えてみると1260億円は大した金額ではありませんしねw

スポンサーリンク



パチンコのパーソナルシステムはメリットしかない…と思う

最近、各台計数システムをメインで利用するパチンコ店が増えてきました。

以前のように出玉を箱に積み上げていくのではなく、カードにいれて利用できるというシステムですが、客側にも店側にもメリットが大きいのではないでしょうか。

某大手ホールでは低貸ではパーソナルシステムを使っていますが、4円パチンコでは「出玉感を演出して客を煽るため」に依然として昔ながらのスタイルを貫いているといいます。

しかしホールの通路にドル箱が積み上げられているのを見て、皆さんはどのような気持ちになりますか?

私は正直、他人の出玉など全く興味がありませんし、通行の邪魔で特に自分が負けている時は演出的に積み上げられた他人のドル箱を見せられるとイライラが溜まってしょうがないです。

以下、私が考える各台計数システムのメリットを紹介していきます。

まず第一にメリットとして考えられるのは、台移動が容易であるという点でしょう。

私の場合、3箱以上ドル箱を積み上げてしまうと、それを持っての移動が面倒になってしまい、打つのをやめて交換してしまいます。

店員を呼んで運んでもらえばいいだけの話ですが、申し訳ない気がするのです…。

しかしパーソナルシステムがあれば簡単に台移動出来てお宝台を見付けるチャンスが増えますし、店側にとっても交換して帰られるよりはアウトを稼ぐことが出来て嬉しいはずです。(パチンコというのは客が打てば打ち込むほど店側が儲かるシステムなのですから!)

そして第二のメリットは幾つかのトラブルを回避出来るということです。

特に1000台超の大型店では別積みしてあるドル箱の交換忘れや、交換間違い、またドル箱盗難などが結構な頻度で発生するのですが、ほとんどの場合、そのトラブルに気付くことなくお客様は帰られてしまいます。またドル箱で通路がいっぱいになってしまうと、もしも火事や地震などが発生した際に避難の妨げになる危険もあります。

その他にも

・交換の際に待たなくて済む。
・余り玉が出ないように計算して打てる。
・汗臭い店員が減る。
・誤差玉が減る。
・人件費の削減分を出玉に還元できる。

といった幾つかのメリットが考えられます。

確変65%規制やAT規制の前にまず各台計数機設置を徹底する規制を作ってもらいたいものです。

唯一私が各台計数機のデメリットとして思い浮かぶことは、必要な従業員の数が減ることによって、私みたいな仕事も出来ない上に、特にやる気のないパチ屋の社員がクビになる可能性が高くなるということですね(^_^;)

ちなみにこの記事も仕事中に書きましたw

スポンサーリンク