魔女の宅急便を通して学んだ人付き合い

ジブリのアニメ「魔女の宅急便」を見ると、私が10歳の時のあるエピソードがいつも思い出されます。

当時、私は夏休みか冬休みかで母親の実家に遊びに来ていました。母親の実家は祖父母と叔父叔母で養豚の仕事をしており、山の中のすごい田舎にありました。

もちろん周りにはコンビニはおろか自動販売機もありませんし、テレビゲームやケータイゲームもありません。

同年代の子供も周りにいませんし、なにもすることがありませんでしたが、叔父がかなりの数のマンガを所有していたので私はいつもひとりでそのマンガを読みふけっていました。(ブラックジャックやルパン三世、ドカベンはお気に入りでした)

その日、いつものようにひとりでマンガを読んでいたのですが、楽しみにしていたことが別にありました。

家なき子2の最終回です。

家なき子は安達祐実が演じるホームレス小学生「すず」が貧乏に負けずに強く生きていく姿を描いた大人気ドラマです。その続編である家なき子2は初代と比べるとよりサスペンスで衝撃的な展開が多く毎週楽しみに見ていました。

ワクワクして放送時間を待っていたのですが…いつも一人でいる私を不憫に思ったのでしょうか、叔母が私のところにやってきて、「ちょうどいまから魔女の宅急便をテレビでやるから一緒に見よう」と言ってきたのです。

たしかに魔女の宅急便は素晴らしいアニメですが、過去に何度もテレビで放送されているのを見たことがあったので、別に興味はありませんでした。

しかし叔母の優しい声かけを無下に断ることもできず、10歳の私は叔母とともに魔女の宅急便を泣く泣く見ることになりました。

その叔母は母親の兄の嫁なので、親戚といえども私とは血はつながっていませんし、子供ながらどこかしら遠慮といいますか…気をつかっていたのだと思います。

魔女の宅急便を通して人間関係や気遣い、我慢することを学びましたw

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です