車椅子マークの駐車場に車椅子使ってないのに平気で車をとめる奴って頭おかしいと思う…

お店の駐車場には店の入り口付近に車椅子マークのついた駐車場があります。

これは車椅子利用者に配慮して設置されている駐車場ですが、車椅子なんて利用していないのに全く気にせずに車をとめる方いますよね?

車椅子利用者のために、みんなルールを守って敢えて駐車せずにスペースを空けているのに、平然とした顔でそこに駐車するなんて…なんと身勝手なことでしょう!!

…と思っていたのですが、インターネットで調べてみたところ、このマークって車椅子を利用している方を表すマークではないようです。

handicap-759184_640

このマークは「国際シンボルマーク」というマークで、障害者すべてを表しているそうです。このマークは商標登録もされています。

ここでいう障害者というのは、もちろん車椅子利用の身体障害者から知的障害者、発達障害や高齢者、けが人、妊婦なども含まれるということなので…

見た目には障害者かどうか分からない方もいると思います。

正直、「車椅子を利用している人なんてそんなに見かけないし、あんなに車椅子マークの駐車場なんていらないだろう。」と思っていましたが、超高齢化社会に突入する日本には絶対必要となってくるスペースですね。

というか高齢者の自動車事故が最近目立ってきたので、高齢者にあまり運転はしてもらいたくないのですが(;´▽`A“

けどプルタブを集めたら車椅子と交換できる…ていう話はよく聞きますが、あの活動って無駄ですよね(プルタブ800㎏=車椅子1台)。

その労力分バイトしてバイト代を寄付したほうがよっぽど能率的だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です