国民健康保険の支払い義務は世帯主だと…クソが

パチで負け過ぎて金欠になり、最近は引きこもってばかりの毎日なのですが、今日郵便受けを見てみると以前住んでいた大阪の市役所から、大そう重要そうな通知が届いていました。

たしかに何度か大阪からの電話が携帯に入っていた覚えはあります。

どうせ以前登録した短期アルバイトの業者からだろうと無視していたのですが…。

その通知によると

「国民健康保険料が未納の分があり、今月中に納めなければ口座を差し押さえる」

とのことです( ゚Д゚)

全く身に覚えはありませんでしたが、どうやらこれは離婚した元嫁の保険料のようです。

調べたところによりますと、国保の保険料の支払い義務は加入者本人ではなく世帯主にあるみたいです。

離婚したのが2月の後半で、5月後半に自分が大阪から引っ越すときには確かにまだ元嫁の住所は自分のところにあったので、その間の保険料の支払い義務は私にあるということなのですね…。

それにしても納得のいかない法律です。

なんで別れた嫁の保険料を他人である私が払う義務があるのでしょうか…。

「日本死ね!」

そう言いたくなりますw

金額的には5000円ちょいなので大した負担ではないのですが、それでも嫁がのほほんとしてるのは少し納得いきません。

かといってこれっぽちの保険料をしつこく彼女に請求するのも、わざわざ払っといたから!と連絡するのもかっこ悪いですしね…。

よい勉強になりました(>_<)

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です