ファミレスのジョイフル、ついに訴えられる

ファミリーレストラン「ジョイフル」の大阪府の店舗で店長だった男性が過重労働で心臓に疾患が残ったとしてジョイフルに8100万円の損害賠償を求めました。

ヤフーのニュースにも出ていたので驚きです( ゚Д゚)

私も過去に「元ファミレス社員の私、過酷な職場を語る」という記事を書きましたが…

実は私も元ジョイフルの社員で店長をしていたこともあり、その記事はジョイフルで働いた時の体験談です。

私は今回訴えを起こした彼とも仲良くしていましたねで、彼が倒れたという知らせを聞いたときは、非常に驚きました。

心肺も停止して、本当に命を落としかねない危険状態にありました。

訴状には「倒れる直前までの3か月間、1日も休みを取れなかった。月に約127時間のサービス残業があった。」とあるみたいですが、自分もほぼそういう状態であったので事実に間違いはないと思います。(その過酷な労働環境と彼が倒れたことに因果関係があるかどうかは分かりませんが)

バイトのドタキャンや無断欠勤を店長が埋めないといけないですし(基本1店舗に社員は店長1名のみ)、会社も人件費にうるさいので、なかなか労働時間を申請できなかったです。

私が以前、応援に行ったジョイフルのある店舗では社員がシフト上では一日中「休憩」ということになっていて、つまり「いるけどいない状態=働いてるけど働いてない状態」でシフトが組まれていました。夢も希望もないです。

ジョイフルだけでなく、飲食店はどこもこういった労働環境が当たり前になっている気がしますが…彼らの労働環境の改善を望みます。

出来ないのなら、そういう店舗は早く撤退、消滅して欲しいです。

スポンサーリンク



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です