カテゴリー別アーカイブ: テレビ

ギャンブル依存を取り上げた番組(世界仰天ニュース)を見て

先日、世界仰天ニュースでギャンブル依存を取り上げていた放送を見ました。

まず1人目のケースはあるパチンコがやめられない主婦の話です。

彼女はパチンコの興奮が忘れることが出来ず、貯金を使い切っても、そして多額の借金を抱えてもパチンコをやめることが出来ませんでした。一度は妹に借金を清算してもらいましたが結婚してもパチンコをやめられず、今は家族の協力のもと、病院に入ってギャンブル依存の治療を続けているそうです。

そして2人目は元力士の貴闘力の話です。

彼もギャンブルをやめることが出来ず、最終的に野球賭博に手を出して相撲界を追放されてしまいました。今までギャンブルで負けた金は総額5億円はくだらないとのことです。今では飲食店を経営しながら必死に借金を返済し、彼自身、月6万円で暮らしているということです。

両方に共通して言えるギャンブルにはまったきっかけは最初に大勝ちしたということでした。貴闘力は初めて兄弟子について行った競艇で400万円もの大金を手にしたということです。逆にその経験は幸運というより彼の人生を狂わせた不幸な経験だったのかもしれません。

しかし私の場合は初めてパチンコに行った時、当たりを1度も引けずに負けました。たしか2回目、3回目行った時も同じように負けたと思います。それでもパチンコにのめり込んでいった私って…どうしようもありませんねw

番組に出ていた医者の言うことには「やめたい」という気持ちを持っていながらも「やめれない」のが依存症の定義ということです。「やめたい」という気持ちが全くない人は単なる「迷惑な人」とのこと。周りの人間に迷惑をかけるという点では等しく共通していますが…。

番組を見て、相撲取りの給料がすごく良いことに驚きました。十両で月100万円+賞金、そして横綱は月280万円+賞金の給料が貰えるそうです。相撲はくだらないと昔から思っていましたが、そんなに高給取りだったとは!

しかし貴闘力のギャンブルに対する姿勢とか生き方って、自分とよく似ていて他人事のように思えませんでした。本当にギャンブル依存というものは、意志や根性でどうにかなるものではありません…。

スポンサーリンク



魔女の宅急便を通して学んだ人付き合い

ジブリのアニメ「魔女の宅急便」を見ると、私が10歳の時のあるエピソードがいつも思い出されます。

当時、私は夏休みか冬休みかで母親の実家に遊びに来ていました。母親の実家は祖父母と叔父叔母で養豚の仕事をしており、山の中のすごい田舎にありました。

もちろん周りにはコンビニはおろか自動販売機もありませんし、テレビゲームやケータイゲームもありません。

同年代の子供も周りにいませんし、なにもすることがありませんでしたが、叔父がかなりの数のマンガを所有していたので私はいつもひとりでそのマンガを読みふけっていました。(ブラックジャックやルパン三世、ドカベンはお気に入りでした)

その日、いつものようにひとりでマンガを読んでいたのですが、楽しみにしていたことが別にありました。

家なき子2の最終回です。

家なき子は安達祐実が演じるホームレス小学生「すず」が貧乏に負けずに強く生きていく姿を描いた大人気ドラマです。その続編である家なき子2は初代と比べるとよりサスペンスで衝撃的な展開が多く毎週楽しみに見ていました。

ワクワクして放送時間を待っていたのですが…いつも一人でいる私を不憫に思ったのでしょうか、叔母が私のところにやってきて、「ちょうどいまから魔女の宅急便をテレビでやるから一緒に見よう」と言ってきたのです。

たしかに魔女の宅急便は素晴らしいアニメですが、過去に何度もテレビで放送されているのを見たことがあったので、別に興味はありませんでした。

しかし叔母の優しい声かけを無下に断ることもできず、10歳の私は叔母とともに魔女の宅急便を泣く泣く見ることになりました。

その叔母は母親の兄の嫁なので、親戚といえども私とは血はつながっていませんし、子供ながらどこかしら遠慮といいますか…気をつかっていたのだと思います。

魔女の宅急便を通して人間関係や気遣い、我慢することを学びましたw

スポンサーリンク



てれび戦士になりたい

NHK教育で放送されている「天才てれびくん」ですが、放送が始まったのが私が小学3年生の時でした。ちょうど、どのチャンネルもニュースばかりで退屈な時間帯なので、天才てれび君を毎日楽しく見ていました。

それからしばらくして地域のサッカー少年団に入り、夕方は毎日サッカーの練習に行くようになったのでしばらく天才てれびくんからは遠ざかっていたのですが…中学3年になり部活を卒業して早く家に帰れるようになったタイミングで、再び天才てれびくんを見るようになりました。

それから約3年間、天てれを見続けるのですが…改めてドハマリしてしまいました。番組に何度もファンレターを送りましたし、放送も毎日録画して何度も繰り返し見ていました。

中でもお気に入りのてれび戦士は中田あすみちゃんでした。こんなに可愛い女の子が存在していたのかと衝撃を受けました。身長は160センチを越えていましたし小学生にとても見えません。

asumi_nakada※公式ブログより

天てれ出身者は大人になると芸能界から引退する方が多いのですが、今でもテレビで彼女が活躍する姿を時々見かけることができ、親心といいますか…なんとも嬉しい気持ちになります。

先日久しぶりに天てれを見たところ、ちょうどその日は木曜日で、生放送をしていました。私の好きな芸人「ラバーガール」が出ていたこともあり、つい見入ってしまいました。

DSC_0259

木曜日は昔から生放送をしているのですが、当時は電話を使って視聴者とゲームをしていたのを覚えています。「すごいハイテクことをやっているなぁ…」と感心して見ていたのですが、今ではデータ放送のテレビのリモコンで誰もが参加出来るゲームをしていて、つい自分もリモコンをポチポチしてしまいました。

てれび戦士になりたかったなぁ…

スポンサーリンク