アボカド牛丼くそマズい…

仕事が終わるのが23時半なのですが、田舎なもので夜遅くまで営業している飲食店は「すき家」しかありません。

「吉野家」はありませんし、私が一番好きな「なか卯」もこの町にはないようです。遅くまでやっているラーメン屋もありません。

そんなわけで仕事後に、すき家に寄るのがささやかな楽しみになるのですが、今フェアメニューでやっている「アボカド牛丼」というものが目に入り、注文してみました。

既存のメニューにも飽きてきたので、アボカドにそれほど興味はありませんでしたが、チャレンジしてみたわけです。

感想は…

見た目も味も私には耐えられないものでした…

赤くてクサイ、スパイシーな汁のついたアボカドと、白い汁のついたキャベツが牛肉の横に添えられており、メニューの見本と全く印象が異なりました。

牛肉だけ食べて残してきました…ゴメンナサイm(__)m

皆の意見が気になって、インターネットでこのアボカド牛丼の評判を調べて見ましたが、賛否両論あるみたいで、好きな人はガッツリはまってしまうみたいですね。

私はとても無理、食べられませんでした。

ひとつ前の「ニンニクの芽牛丼」はすごく好きで毎年楽しみにしているのですが…。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です