パチを我慢することも、我慢出来ないのもツライ

結婚しても大切な人に嘘ついて、裏切って、やめることの出来なかったパチンコ・パチスロを今自分一人の力で止めることは非常に難しいです。

今日は仕事が休みだったので、先日パチ引退を宣言したのにも関わらず、朝一から打ちに行ってしまいました。

これまで打ったことはありませんでしたが、なぜか今日夢で出出来た「煩悩ブレイカー禅」を打ってみました。

5円スロットでしたが、31回転で当たって連チャンが続き、2500枚近く出ました。9K勝ちです。大人しくここで帰ればいいものを、店をはしごして10円スロットを打ちに行きました。

百花繚乱を打ちましたが…あっさり負けてしまいました。

結果 -4K

財布の中身はすっからかん、数百円しか入っていません。
給料日は明後日なのですが、元嫁にも金を送らないといけませんし、歯医者にも通いたいので無駄遣いは出来ません…分かってはいるんですけど、給料入ったらすぐホールに打ちに行ってすっからかんになってしまいそうで怖いです。

私が煩悩ブレイカーを打っていた隣で、おじいちゃんが北斗転生を打っていたのですが目押しが出来ないらしく、何度も赤7や中押しチャンスの目押しを頼まれました。(目押しをする必要はないのですが)

私が揃えてあげると、そのおじいちゃんは手を叩いてニコニコしてとても嬉しそうにしていて、私も自然と笑顔がこぼれました。

今の私は楽しさを求めて打つというよりも、何か見えない力によって打たされている、嫌々打たされているような感じです。

あのおじいちゃんのように純粋にパチを楽しみながら打てなくなったのはいつからだろうか…。

スポンサーリンク