お金はもらえるだけもらいたいけれども

生活保護の受給のシステムっておかしいですよね。

まじめに働いている人よりも何もせず社会に貢献していない人のほうが多くもらっている場合も多いんですから!

刑務所の中で作業をしている方のほうがよっぽどマシなのではないかと思います。

私に言わせれば働かず(働こうとせず)社会貢献していない人は罪人と一緒なので、もし国に養ってもらいたいのならば国の管理のもとで囲って何かを作業させるべきです。(体に重度の障害がある人は別ですが)

国の生活保護の予算は3.5兆円と言われています。
受給条件を厳しくしたり支給額を減らしてもらって1割(3500億円)でもカットして欲しいし、それくらいなら無理な話ではないはずです。

そしてその浮いたお金を未来ある若者の奨学金の予算にまわして欲しい。

奨学金は借金、ローンと一緒なので返済はかなりの負担になります。自分も返済に苦しむ一人で、早く返済するようにと督促の郵便や電話がしょっちゅうかかってきて本当に嫌になります。

私の奨学金、未返済分の180万えん…生活保護を削ってチャラにして欲しいw

先日、大阪で自営業の男がバイク事故で骨折して保険金2300万円の支給があるにも関わらず生活保護を不正に受給(320万円)していて逮捕されました。

捕まった男は「お金はもらえるだけもらおうと思った」とコメントしておりますが

正直ですね。私もそう思いますw
というか骨折で2300万円も貰えるなんてすごいですね( ゚Д゚)

骨折のレベルがすごいのか保険のレベルがすごいのかは分からないですがうらやましい…そんなにもらえるなら私も骨の2~3本折りますよ!

スポンサーリンク