保留を捨てて去るのはやめて(パチンコ)

隣の台の人が最後の保留を捨てて帰ってしまった時、その保留がややアツいリーチに発展してしまったら私は自分の台以上にドキドキします。台の仕様上、最後の保留ではリーチがかかりやすくなっているのですが…

「もしこれが当たったら俺はどうすればいいんだ?移動していのか??」
「むこう隣に座っている人はどう動くのか?俺と台を取り合うのか??」

という具合にかなりのパニック状態ですw

しかし幸か不幸か、隣で捨てられた台が大当たりしたり、大当たり中の台を見つけたりした経験はこれまでありませんε-(´∀`*)ホッ

しかし毎日パチンコ屋で働いてると、こうした無人大当たりの台の話は結構インカムで聞きます。

店側の対応としてはカメラで前に打っていた人を見つけ出して、その人に打たせるか、もし帰られているならラムクリアーしてしまうのですが…

実は私も保留を捨てて台をやめてしまう人間なのですw
打ちだす玉がないのにハンドルを握っていたり、最後の保留をじっと見つめている姿ってかっこわるいじゃん…ていうどうでもよい見栄というかプライドがあるんですよね(>_<)

実際にパチンコで私が捨てた保留が当たっていたということが、確認出来るだけでこれまで2回あります。

一度目は10年くらい前に享楽で出ていた「水戸黄門」

大当たり確立1/397となかなか当たらない台でしたが、どうやら捨てた最後の保留で確変を引いていたようです。店もガラガラだったので他の客に取られる前に、店員さんが台を確保し、自分を探して教えてくれました。

二度目は「NINJYA GAIDEN」です。

これもMAXタイプで継続率はなんと95%(ほぼしょぼラウンドでしたがw)という台でした。
たしか4万円くらい使って当たらなかったのでふてくされて帰ろうとしたのですが…精算して台の近くをなんとなく通ったら当たっていましたw

それを隣の台のおばちゃんがハンドルを握ってキープしてて…「はぁ、もったいないことをしてしまった」と思っていたのですが、そのおばちゃんが隣で打っていた私を覚えていたみたいで快く私にその当たり中の台を差し出してくれたのです!

申し訳ないと思いながらも台を譲り受け、おばちゃんにはたくさんのお菓子を交換して何度もお礼を言いましたm(__)m

たぶん自分が気づいていないで、これ以外にも捨てた保留で当たってしまっている台って結構あるはずですw

とにかく保留を捨てて台から離れるのはやめましょうね(;´▽`A“

スポンサーリンク